DAYDREAM

つまらないことを、つらつらと。

生きるという話

感染性胃腸炎に罹った。以後汚い話アリ注意。

 

年末、押し迫った29日の0時過ぎ、それまで何か胃袋がもやもやしていたのがとうとう我慢できなくなり、吐き出したのが始まり。

 

その晩は、トイレと寝床の往復を余儀なくされた。上と下からその日の夕飯を全て出し切ると、今度は体の水分を絞り出すように水を吐いた。

胃が、意図と違う力でギューっと痙攣した。

止めたくても止まらない。ものすごい力が胃と腹筋にかかる。

気持ち悪くなり始めの時は指を喉に突っ込んで吐いていたが、そこから先は嘔吐中枢が仕事をしたらしい。

 

吐き気と胃痛、下痢に上腹部の筋肉の痛み、全身疲労、交感神経過剰反応による筋肉の緊張(主には首が痛かった)、眠ろうとすると何かの不快感で目がさめる絶望…正直、死ぬかと思った。むしろどうせ死ぬならもっと楽に殺してくれって思った。

 

明け方になってもまだ水を排出し続けていた私は、その朝ヨレヨレになりながら医者に行き、点滴で水と電解質を入れてもらう。

吐き気止めと整腸剤を頂いて帰った。

 

最初の異変から2日、水とおかゆとメイバランス(ご飯が喉を通らないお年寄りとかに与える栄養ドリンク的なやつ)なら食べられるようになった。

今は30日の23時になろうというところだが、まだ頭痛と腸のゴロゴロ、全身倦怠感(というか本当に疲れた)は治っていないし、下手なものを食べたらすぐ気持ち悪くなる感じはわかる。

 

゚★。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚ 。.:*:・'゚☆。゚★

 

私が力を入れたのではなく、むしろ疲れるからやめて!って思った時にでも止めようにも止まらなかった嘔吐。

これは、消化器に入って来た異物(ウィルスとか細菌とか)を流して排出するための本能だ。

 

人間って、基本は生きるために動いているんだなぁ。

そんなことを思った。

私なんか、なんどこの世から消えてしまいたいと思ったことか。でも、体は生きようとしてるのね。下手すると「胃の筋肉の痛みは捧げますから、どうぞ私を救ってください」だなんて。

 

生きるって、本能なんだな、などと、考えて見たりした。

 

自殺してしまった人は、本能ではもうどうにもなれなくなった人。

それはいい悪いじゃなくて、どうにもならない問題から解放されない苦痛を手放すためとかの、致し方ない選択などということもわかる。

 

私もいろいろあってそんなに生に執着がないと自分では思っている。それにもかかわらず、菌を中に閉じ込めておけば死ねるかもしれないっていうのに、あんだけ無理やり意識関係ないところで回復させようとするなんて。

 

体っていうのは生きるためにできてるんだなぁ、なんてことを、強く認識させられた。

 今も腹筋の筋肉痛で痛い…。

 

広告を非表示にする